ウチダ オート

あなたの愛車を新車同様に生まれ変わらせます。

車は交通手段のひとつとしてではなく、人々のステータスシンボルとしても認知されています。そんな愛車をいつまでも美しく保つためのケアとして、「ガラスコーティング」や「ポリマーコーティング」といったボディコーティングが人気です。こちらでは、ボディコーティング後のメンテナンスについてご紹介します。

日頃は定期的に水洗いをするだけでOK!

日頃は定期的に水洗いをするだけでOK!

水洗いだけで簡単に汚れを落とせるのが、ボディコーティングの魅力。
ご自分で洗車する場合は、ボディにシャワーをあてながらホコリを落とし、洗車用のスポンジで優しく撫でるように手洗い洗車を行うのがおすすめです。

コーティング後の洗車はなるべく屋根のある場所で行うのが理想ですが、屋外で洗車する場合は早朝か日が落ちた夕方に行いましょう。炎天下だとボディの温度が高くなるので拭き上げる前に水がすぐに乾いてしまい、水道水に含まれる成分が固まってリング状のシミができてしまいます。天気に関わらず、洗車後はすばやく拭き上げてシミを防ぎましょう。

また、シャンプーを使用して洗車をする場合は、洗剤のすすぎ残しがないようにしっかりすすぐことが大切です。

ボディコーティング後の注意点

ボディコーティング後の注意点

コーティング剤は短時間で硬化しにくいので、しっかりと硬化するまでコーティング後はなるべくボディに触れないようにしましょう。ちょっとした汚れやホコリが気になるからといって、指で軽くこすったり乾いたタオルなどで乾拭きをしてしまうのは厳禁です。コーティング剤が硬化する前に乾拭きや洗車をしてしまうと、細かい傷をつける原因になります。

また、シャンプーを使用する場合は「水垢がキレイに落ちる」「鉄粉除去」「光沢が復活」というような研磨剤入りシャンプーは、コーティング被膜を傷めてしまうので避けましょう。コーティング車専用シャンプーもしくは、シンプルな中性シャンプーの使用をおすすめします。

入間市内でカーコーティングをお考えなら、ぜひ「Uchida Auto」にお任せ下さい。Uchida Autoでは、人気のガラスコーティングをはじめヘッドライト磨きなど幅広く対応しており、多くの実績から身についたプロの技で丁寧にお仕上げいたします。新車・中古車販売も行っておりますのでお気軽にご相談下さい。